新着情報

お知らせ2015/11/10

マルハニチロ

平成27年11月10日から11月13日まで、㈱マルハニチロの中国工場を視察してきました。

初日は、山東省の青島空港に到着して南に160km行った所にある日照市に行きました。
そこでマルハニチロさんの協力工場である「日照美佳水産食品有限公司」で介護食の『やさしい素材の魚』の加工を、翌日には「日照美佳科苑食品公司」で『スピードクック茶あらい骨なし切り身』の加工をそれぞれ視察しました。

 日照市は水産資源に恵まれた漁港を有し昔から水産品の加工を多く手掛けている街です。
マルハニチロと美佳はすでに20年以上に渡る協力関係で培われてきた技術と経験で安心安全な商品を提供するんだという強い姿勢が見られました。
加工技術や品質管理体制も日本からマルハニチロの社員さんが現地に駐在し現場に対して指導改善を行っており安心安全に対する強い姿勢の裏付けを見ることができました。


12日には日照市から北へ230km北上した所にある同じく山東省の煙台市菜陽市にある「煙台日魯大食品有限公司」で『便利な和惣菜シリーズ』の生産工程を「龍大食品集団有限公司」では秋作ほうれん草の畑と冷凍加工現場をそれぞれ視察しました。
煙台日魯大食品はマルハニチロと龍大食品の合弁会社で『便利な和惣菜シリーズ』が自然解凍で食べられる確固たる品質管理を行っており生産現場もとても衛生的で日本の生産現場以上の管理体制に驚きました。



視察を通して感じたのは、製造に関わる人全てが安心安全は商品を日本の消費者に届けるために、力を合わせている事でした。
私たち本多もその思いを繋ぎ、安心安全な商品を皆様にお届けするために、これからも頑張っていきますのでよろしくお願いします。

 

お知らせ2015/11/05

株式会社ジーケーエスへの会社視察

この度、同業の㈱ジーケーエス様の視察に伺いました。

早朝より、プラットホームでは出発前の準備をされている様子です。




仕分室も広く、整理整頓がなされていて、作業効率が良いです。






商品管理部門が1階で発注・荷受け・荷出し・在庫管理を一括して受け持っておられるので作業効率を考えられた
とても良い体制でした。





 商品の格納棚は全て番号が付与されており、業務終了後に全員で棚卸を実施されていました。





商品棚にはバーコードが割り振られており在庫管理等は、POSを導入されていました。
事業規模が違うので、全てを同じようには出来ませんが、参考にしながら当社に合った体制作りをしたいと思います。

お忙しい時に、ご協力いただきました㈱ジーケーエス様に感謝致します。
有難うございました。

お知らせ2015/10/06

株式会社カゴメ 工場見学

2015年10月6日・7日の2日間で、株式会社カゴメの小坂井工場と上野工場の工場見学に行ってきました。

一日目はカゴメ自社7工場のうち、ケチャップの製造を一手に担う小坂井工場に行きました。
ここでは、世界各地の契約農家からペーストを買い受け、調合・加熱処理・充填・梱包に至る製品に仕上げるまでの工程を行っています。


 また、いつも同じ味を提供するために、この工場では2つの特徴があります。
一つ目は、アメリカ・トルコ・ポルトガル・中国など世界各地から一年中原料を確保できる体制を取っています。
二つ目は、産地が違えば当然味も違ってくるのですが、その違いを調査し調合を変えて同じ既定内に調整を行っています。



二日目は、創業者である蟹江一太郎氏が最初にトマト栽培を行った、カゴメ創業の地でもある上野工場に行きました。
現在は、ソース専門の工場になっており、ソース作り体験を行いました。



今回の工場見学により、ケチャップ・ソースの知識を深めることができ、カゴメの商品に対するこだわりと熱意を感じることができ、今後自信を持って商品を進められると感じました。
これを今後の販売活動に役立てたいと思います。


      

お知らせ2015/08/19

堂本食品株式会社 工場見学

平成27年8月19日に堂本食品株式会社の本社工場の見学に行ってきました。

本社工場には、第一工場(主に佃煮)と第二工場(主に惣菜)があります。
合わせて約700アイテムの製造が行われているそうです。




 商品が出来上がるまでの一連の流れの説明を聞き、製造工程を実際に見ることができ、とても勉強になりました。
こちらの工場は、徹底した衛生管理・異物混入対策などとても工夫されており、安心してお客様に提供できる商品の製造に努めているんだなと再確認しました。
今後も、堂本食品株式会社の製品をどんどん紹介していきたいと思いますので、ご期待ください。

お知らせ2015/08/04

キューピー株式会社 笠岡工場 工場視察

 平成27年8月4日キューピータマゴ(株)笠岡工場に工場見学に行ってきました。

笠岡工場では主に液卵を作っています。
笠岡エリアは養鶏業者が多く、その為毎日新鮮な卵が手に入るそうです。


キューピーさんの凍結全卵HVNo.3(調理用)と一般的な液卵を使用して、調理実習を行っています。
凍結全卵HVNo.3は機能性にこだわっており生の卵とほとんどかわりません。
凍結全卵HVNo.3の意味と特徴     HV→HI VISCOSITY 高粘度 
                         No.3→三代目
添加物を使用せず、卵と同じようなトロミがついています。

商品を実際に試食して、商品の特徴・機能性の説明を受け、卵関連商品の知識を深めている所です。
今回の視察を通して得た経験と知識を、明日からの販売活動に役立ていこうと思います。