新着情報

お知らせ2017/08/22

堂本食品株式会社 工場見学


平成29年8月22日に、堂本食品株式会社の工場見学に行ってきました。

人と環境への思いやりを発送原点に躍進をとげ、今季85億を目指しておられる堂本食品さんでした。
 

お知らせ2017/08/08

キューピータマゴ株式会社 工場見学


平成29年8月8日 キューピータマゴ株式会社 笠岡工場に、本多から6名で行ってきました。

笠岡工場では、凍結全卵を作っており、まず工場概要説明をしていただきました。
その後、製造ラインの見学をさせていただきました。




凍結全卵の特徴の説明の後、調理実習で割卵体験をし、その後、普通の凍結全卵と凍結全卵HV№3を使った「かき玉汁」の比較調理をしました。

実演すると、普通の凍結全卵では、白く濁るだけでしたが、凍結全卵HV№3では、きれいな「かき玉汁」ができました。



他のキューピー商品で、「パラっと錦糸卵」「NEWスクランブルエッグH」「冷やして固めるプリンベース」で作ったプリンやアレンジプリンの商品説明と試食をさせて頂きました。

今回の工場見学で得た経験と知識を生かして、今後の販売活動に役立てていきます。
また、見学したい方がいらしたら、是非行ってみてください。
 

お知らせ2017/07/26

平成29年度(一財)岡山学校給食会主催 学校給食用物資展示会

今年も、コンベックス岡山で(一財)岡山市学校給食会主催の展示会が開催されました。
岡山学校給食会様と取引のある問屋から数多くのメーカーが出展し、昨年来場者200名を上回る人でにぎわいました。
各メーカーが、学校給食会様向けに開発した安心・安全な商品をアピールしています。




各メーカーが、新商品を一同に並べて審査してもらうテーブルです。
それぞれ、子供の口に入る食材としてふさわしい商品を並べています。
本多ブースには、20社のメーカー参加してもらいました。
各メーカー担当者は、来場者(各学校栄養士・関係者)の方々に、商品の特徴・使用方法など詳しく説明しています。
この中で、厳正な審査を経て新しく採用になった食材が、今後学校給食の食材として使われるようになります。
我々は、こういう場を通じて、安心・安全な学校給食に携わっている企業だという事の「責任」と「自覚」と「自信」を新たにしました。

お知らせ2017/07/17

本多研修旅行2017北海道 1日目

今年は、7月15日から17日までの二泊三日で福山本社・尾道営業所・岡山支店合わせて総勢89名で北海道への研修旅行に繰り出しました。
北海道へは、毎年行き先アンケートでも上位に挙がっておりましたがなかなか実現できず、念願の北海道上陸となります。

広島空港と岡山空港より一路新千歳空港へ向け出発です。


新千歳空港で広島空港便(1号車)と岡山空港便(2号車)が合流して北海道研修旅行が始まる予定でしたが・・・・・・・・・・。

広島空港便が遅れ、別々に昼食会場の「ハイランドふらの」へ向かうことになりました。

何か不吉な予感!!


な・な・なんと!
高速道路で、先に出発した2号車と後から出発した1号車の間で交通事故が発生し、その影響で1号車が高速道路で立ち往生してしました。
昼食会場の「ハイランドふらの」では合流できず、2号車の面々だけで、ジンギスカンを頂きました。
その後、ラベンダー畑の「ファーム富田」でも合流できず、全体写真を撮る予定だった美瑛町の「パッチワークの路」は、キャンセルとなりました。



やっと全員そろったのは、北海料理の「古艪帆来(コロポックル)」の夕食でした。

社長の口からも、「みんなに会えてほっとした。」との安堵の言葉があり、1号車の面々は、やっとまともな食事にあり

つけると、たくさん並んだお食事に舌鼓を打っていました。



「古艪帆来(コロポックル)」では、道内各地の漁港(根室・厚岸・えりも・利尻・羅臼・函館など)より産地直送で入荷する新鮮な魚貝をはじめ、採れたて・もぎたて・農家さんから直送の新鮮野菜や安心安全な道産肉を使い、素材の「鮮度」と「旬」にこだわりを持たれたお食事をご提供いただき、「にしん」「かに」特に「ほっけ」は絶品でした。

その後、気持ちよくなった本多社員は、「すすきの」の夜に消えて行きました・・・・・・・・・・・。
 

お知らせ2017/07/15

本多研修旅行2017北海道 2日目

2日目は、終日フリーでオプショナルツアーとして「小樽日帰りツアー」が用意されていました。
今回は、「小樽日帰りツアー」をご紹介します。
この日は朝から、雲が立ち込めどんよりとしていて、何か起りそうな雰囲気でした。
まず向かったのは、「ニッカウヰスキー余市蒸留場」です。
ここは、NHKの朝の連続テレビ小説の「マッサン」の主人公「亀山政春」のモデルで有名な「竹鶴政孝」がウイスキー造りの理想を求めて余市に建設した蒸留所です。


「ニッカウヰスキー余市蒸留所」に到着すると、途端に雨脚が激しくなり、敷地内に点在する施設へ移動する事すら難しくなりました。
仕方ないので、試飲会場へ直行し「アップルワイン」「スーパーニッカ」「竹鶴」の3種類のウイスキーをおいしく頂いておりました。
外は、バケツをひっくり返したような勢いで雨が降っていました。
この日は、小樽市と余市町に1時間に80㎜の大雨が降り「記録的短時間大雨情報」が発表されたと聞きました。


次の目的地小樽の「町のすし」で昼食のお寿司を頂き、外に出てみると、まだ雨が雨が降り続いていました。

小樽観光では、「小樽運河」とか「石造倉庫群」とか観光したかったのですが断念しました。

そのかわり、「小樽オルゴール堂」などがある「堺町通り」を散策しました。



次の目的地は、ガイドさんの提案で天気が悪いので「羊が丘展望台」へは行かず、「白い恋人パーク」へ向かうことになりました。
クラーク博士には会えませんでしたが、女子は大喜びでした。
白い恋人パークは、北海道銘菓「白い恋人」の製造工程のほか、ISHIYAオリジナルスイーツが味わえるカフェや、白い恋人作りが楽しめる体験工房など、たのしい、なつかしい、スイーツ・ストーリーをテーマにした夢いっぱいのお菓子のテーマパークです。
「札幌からくり時計塔」では、毎正時ごとに北の森のゆかいな仲間たちが繰り広げるチ ョコレートカーニバル、「キャンディ・ラボ」では、あめ職人が多彩な色の飴を組み合わせながら絵柄を作り出す様子を見ることができます。
また、「白い恋人」を作っている「石屋製菓」の創業者である「石水幸安」氏がコレクションしていた明治・大正・昭和のおもちゃを展示しています。
昔懐かしいおもちゃをはじめ、現代でも人気のキャラクターなど大人からお子様まで楽しめる内容です。
中でも、北海道コンサドーレ札幌をはじめ、世界的に活躍したスーパースターのグッズを展示しているスポーツコーナーは必見です!


そして、今夜の夕食は、私たちの泊まっている「ホテルモントレ札幌」のグループホテルである「ホテルモントレエーデルホフ」の「彩雲」で中華料理を頂きました。
落ち着いた雰囲気の中頂く料理は、どれも上品に感じらました・・・・が。
と、そこに突然にぎやかな音楽とともに本多研修旅行恒例の”余興”の時間となりました。
こうして、楽しい2日目の夜が更けて行きました。