新着情報

お知らせ2017/08/29

マルハニチロ 味の素冷凍 タイ工場視察

平成29年8月22日~26日 マルハニチロ株式会社と味の素冷凍食品株式会社のタイ工場視察を、本多より4名で伺いました。
23日の午前は、N&N FOODS COMPANY LIMITED社の工場視察に行きました。





 
たこ焼きを3人一組のチームで、手作りで焼いています。チームで550個/時間 製造できるそうです。
鉄板を使用している為、室内は37℃くらいになり、暑さ対策でスポットクーラーなどが設置されていました。




 
かき揚げを手作りしています。
商品ごとに野菜の種類・分量を変えて製造しています。
年末向けにエビを使用したかき揚げを作る時が最も忙しいとの事です。




 
23日の午後は、キングフィッシャー社の工場視察に行きました。
こちらの工場は、えびを中心とした水産物を扱う工場です。





 
赤魚のウロコを取り、フィーレにしている所です。
熟練の方が、丁寧かつスピード感を持って作業されていました。




 
エビの殻を取り、背わたを取っている所です。
とても細かい作業ですが、器用に殻と背わたを取っていました。
この後も、殻などの異物が残っていないかを、チェックする工程がありました。




25日の午前は、タイ味の素ベタグロ冷凍食品株式会社の工場視察に行きました。
こちらの工場は、味の素冷凍食品とベタグロ社の合弁会社で鶏肉加工冷凍食品を生産する会社です。
鶏肉原料は全量、ベタグロ社で飼料から徹底管理されたものを使用し、原料から製品までの一貫生産体制により、安全・安心な製品作りを実現されていました。


25日の午後は、味の素ベタグロ・スペシャリティーフーズ株式会社の視察に行きました。
こちらの工場は、先程の工場と同じく味の素とベタグロ社が、豚肉でも同様な取り組みをして設立した会社です。
豚は、ベタグロ社のSPFの飼育技術で三元豚を飼育し、新鮮で良質な豚肉を使用し「おいしい安心品質」の高品質 豚肉加工冷凍食品を製造してます。
マルハニチロ株式会社2工場・味の素冷凍食品株式会社2工場 全部で4工場を視察させて頂きましたが、どの工場も原料から製品まで、非常にこだわって作っていました。
こちらで経験させて頂いた事を、お客様へ伝えて販売活動に活かして行きたいです。

 

お知らせ2017/08/24

三島食品 工場見学


平成29年8月24日、三島食品の本社工場に見学に行って来ました。





工場設立が1966年で、敷地面積8600㎡(マツダスタジアムの3分の2)の広さの中で、商品はメインの「ゆかり」を初め、ふりかけ等のドライ商品を中心に、約310種類のアイテムを生産しています。


工場内にて商品のゆかりの異物チェックのラインです。
目視で見て異物があればピンセットで除去し、この後に強力な磁石で2重に異物を除去する徹底ぶりでした。


事務所の壁一面に目で見る4S改善(整理、整頓、清掃、清潔)の写真が貼ってあり文章でなく、従業員さんに改善した箇所が見てすぐわかるようにしていました。



工場内では、従業員の皆さんが、私たちに挨拶をしてこられて、また全員が作業に集中して取り組まれていて、安心安全な商品を生産してくという熱意が伝わってきました。
大変勉強になりよい経験をさせて頂きました。

 

お知らせ2017/08/22

堂本食品株式会社 工場見学


平成29年8月22日に、堂本食品株式会社の工場見学に行ってきました。

人と環境への思いやりを発送原点に躍進をとげ、今季85億を目指しておられる堂本食品さんでした。
 

お知らせ2017/08/08

キューピータマゴ株式会社 工場見学


平成29年8月8日 キューピータマゴ株式会社 笠岡工場に、本多から6名で行ってきました。

笠岡工場では、凍結全卵を作っており、まず工場概要説明をしていただきました。
その後、製造ラインの見学をさせていただきました。




凍結全卵の特徴の説明の後、調理実習で割卵体験をし、その後、普通の凍結全卵と凍結全卵HV№3を使った「かき玉汁」の比較調理をしました。

実演すると、普通の凍結全卵では、白く濁るだけでしたが、凍結全卵HV№3では、きれいな「かき玉汁」ができました。



他のキューピー商品で、「パラっと錦糸卵」「NEWスクランブルエッグH」「冷やして固めるプリンベース」で作ったプリンやアレンジプリンの商品説明と試食をさせて頂きました。

今回の工場見学で得た経験と知識を生かして、今後の販売活動に役立てていきます。
また、見学したい方がいらしたら、是非行ってみてください。
 

お知らせ2017/07/26

平成29年度(一財)岡山学校給食会主催 学校給食用物資展示会

今年も、コンベックス岡山で(一財)岡山市学校給食会主催の展示会が開催されました。
岡山学校給食会様と取引のある問屋から数多くのメーカーが出展し、昨年来場者200名を上回る人でにぎわいました。
各メーカーが、学校給食会様向けに開発した安心・安全な商品をアピールしています。




各メーカーが、新商品を一同に並べて審査してもらうテーブルです。
それぞれ、子供の口に入る食材としてふさわしい商品を並べています。
本多ブースには、20社のメーカー参加してもらいました。
各メーカー担当者は、来場者(各学校栄養士・関係者)の方々に、商品の特徴・使用方法など詳しく説明しています。
この中で、厳正な審査を経て新しく採用になった食材が、今後学校給食の食材として使われるようになります。
我々は、こういう場を通じて、安心・安全な学校給食に携わっている企業だという事の「責任」と「自覚」と「自信」を新たにしました。